Kieferorthopäde Düsseldorf Dr. Gudrun Lübberink
Kieferorthopäde Düsseldorf Dr. Gudrun Lübberink Kieferorthopäde Düsseldorf Dr. Gudrun Lübberink
???????

フィロソフィー

顎・歯列の矯正による効果は、いわゆる「バタフライ効果」なのです!

続きを読む...

Dr.リュベリンクの紹介

続きを読む...

 

フィロソフィー

歯列の矯正による効果は、いわゆる「バタフライ効果」なのです!

 力学の用語に「バタフライ効果」というものがありますが、これは、通常なら無視できると思われるような極めて小さな事柄が、やがては無視できない大きな事柄となって現れる、という意味です。例えれば、日本の諺でいう「風が吹けば桶屋が儲かる」です。

 矯正歯科治療の成果は、まさにこの「バタフライ効果」のようなものです。噛み合わせ‧歯列のずれが発症した早期の段階に、矯正によってわずかな微調整を行うだけで、ほとんどのケースにおいて、顎の機能にかなりの改善が見られます。このようなポジティブな効果は、矯正後も持続し、患者様の歯‧口腔の快適な機能が生涯にわたって維持されるようになるのです。

 当院での治療は、予防に重点を置いております。予防治療とは、矯正治療を行なうことによって、現在の不正咬合が原因で将来的に予想される病気や健康上の問題を回避する、というコンセプトです。診断では、将来的に患者様の口腔まわりのどの部位にどのようなアンバランスが生じる可能性があるかを見ていきます。

 ある病状の原因が、実は全く別の体の部位の問題と関係していた、ということがよくあります。

 人間の体はひとつの生態系のように機能しています。即ち、体は常にバランスを保とうとする相互作用を土台として成り立っています。体のバランスが部分的に崩れ、それに伴い機能的な要素が喪失したり、身体の部分が一時的に機能不全に陥ったりした場合、結果として健康や体調または審美的な要素が損なわれることになります。

 頭痛、頸椎や肩のこり、ひざの痛み、背中の痛み、集中力の低下、食物の咀嚼、発音障害(例えば、リスピング。いわゆる舌足らずな話し方)などがあげられます。

 以上のような症状は、実は歯列や噛み合わせ異常が原因であることが多いのですが、残念ながらこれらの因果関係に関する認識はあまり広がっていません。

 当専門医院では、噛み合わせはもとより患者様の全身に焦点をあて、患者様の症状の根本的な原因を究明していくことを重視して治療を進めていきます。「バタフライ効果」の理論に基づき、顎の矯正により他の体の部位の機能不全を回復し、患者様の心と体全体の健康を取り戻すことを目指します。

「バタフライ効果」と歯科・矯正歯科との関係について

 もともと物理の分野から生まれた「バタフライ効果の理論」の意味は、複雑なシステムの中で微量の変化がおきた場合、とりわけ初めの段階で著しい反応が起こる、という意味でした。

 このことは、まさに歯科・矯正歯科治療の分野にあてはまります。すなわち、幼児・小児の段階で矯正治療を行うと、大変大きな成果が見込まれる、ということです。頭骸骨や体が成長するこの時期は、歯茎のカーブや下顎・上顎の位置を生理的に正しい位置に矯正するための最善の条件がそろっています。矯正歯科医が、早期治療や予防を勧めるのは、このような理由によります。

「バタフライ効果の理論」には、少量の変化がある連鎖を引き起こす、という意味もあります。例えば、ある何かしらの原因で歯並びが変化した場合(例えば、歯の向きが斜めになる)、時間がたつごとに、姿勢が悪くなる、部分的な体のコリや痛みなどの症状が出る、などの変化が起きてきます。

 当院では、以上のような知識を踏まえて、最新鋭の矯正歯科治療を提供いたします。固定式や取り合外し式のマウスピースを使用した治療プランに加え、必要に応じてその他の治療方法を併用させていくなど、おひとりおひとりに合わせた治療を行い、患者様の症状をやわらげ、そして生理的に正しい口腔機能を回復していきます。

 予防治療を行う最大のメリットは、将来的に症状が顕著化することが分かっている不正咬合を前もって防ぐことができたり、より効率的で外科手術無しの保存療法的な矯正が可能となってくることです。